水素水の各保存容器のメリット・デメリット

水素水の各保存容器のメリット・デメリット

水素水の容器

水素水を保存する容器は大きく分けて以下の3つの種類があります

 

  • ペットボトル
  • アルミボトル
  • アルミパウチ

 

それぞれの容器にはメリット・デメリットがあります
【関連記事】教授の研究水素水は効果なし!ニセ科学!詐欺と言われる理由・3つ

 

ペットボトルの場合

ペットボトルのメリットは、飲料の容器として便利ですが、デメリットは水素が抜けやすいことです。
ペットボトルで飽和水素水を保存すると、じわじわと水素が抜けて、最後にはほとんどゼロになってしまします。
飲料の容器として便利ですが、水素水の長期保存に適してはいません。

 

アルミボトルの場合

アルミボトルのメリットは、アルミニウム、ステンレス容器のような金属容器なら水素分子が抜けてにくいことです。
デメリットは容器に液体に満タンにない場合、空間を作ってしまうことです。
空いた空間があると、徐々に水素分子は抜けてしまいます。また、水素水にアルミ缶に臭いが移ることもあります。
アルミ缶やステンレス缶は、ペットボトルに比べて長時間保存できるますが、結局はじわじわと水素が抜けて、最後にはほとんどゼロになってしまします。

 

アルミパウチの場合

アルミパウチのメリットは、容器の変形か可能な事で長期保存ができます。
アルミパウチで水素水を6ヶ月くらい長期に保存することも可能です。※メーカーのアルミパウチの仕様による一部のメーカーでは水素を抜けにくくするために、独自の特許技術で4層構造などがあるようです。

 

デメリットは上記の理由から少々高価になってしまうことです。少々高価だけど、長期保存可能(約6か月ぐらい)!というのがアルミパウチの特徴です。
また、アルミパウチ容器の場合、アルミ溶出を気にする方がおられますが、アルミパウチ容器の内面には、樹脂コーティングされているため、アルミニウムの溶出はありません。
よくアルミニウムはアルツハイマー型認知症や、癌の原因の一つと取りざたされていますが、アルミパウチ容器をはじめ、ビール缶なども溶出しませんのでご安心ください。

 

それぞれの容器の特徴を把握して、自分に最適な物を選びましょうう!私は状況に合わせて、使いわけています。

 

 

 

 

 

 


 
水素水は効果なし? 太田教授の水素水の選び方 水素水コスパ比較 水素水Q&A 水素水の体験談・口コミ