水素を身体に取り入れる方法は?

水素を身体に取り入れる方法は?

水素

水素を身体に取り入れようと思ったとき、どのような方法があるのでしょうか。

 

  1. 水素水として飲用する
  2. 水素風呂に入って皮膚から取り込む
  3. 水素発生化粧クリームを使い皮膚から取り込む
  4. 水素注射液の注射、点滴をする
  5. 水素ガスを吸引する

 

現在のところ、このような方法があるようです。一番、容易な方法としては、コストも廉価な水素水ということです。

 

最近は、臨床試験などもすすみテレビや雑誌などでも水素水が取り上げられ、認知度も上がっているため、水素水の銘柄も急速に増えています。
価格の面でも、以前よりも安くなってきていますので、試しやすいですよね。
【関連記事】水素水が注目になった理由

 

水素水のような新しいものは認知が進むと、残念なことに偽物もでてきてしまいます。注意が必要ですので、水素水の知識も広がればよいなと思います。
【関連記事】水素水は効果なし!ニセ科学!詐欺と言われる理由・3つ
【関連記事】水素は『インチキ』『効果なし』『ニセ科学』『詐欺』ではありません!

 

販売されている水素水は銘柄も豊富になっていますが、水素自体は同じなので商品名などで惑わされないようにしていただきたいです。水素の種類があるわけではなく、違いは水素の含有量であるということです。水素がきちんと入っているかは溶解量の表示を見て確認してください。
【関連記事】水素水の濃度が0.8ppm以上が目安

 

水素の研究者の方も、水素水を選ぶときは水素の含有量を確認するようにとおっしゃっていました。

 


 
水素水は効果なし? 太田教授の水素水の選び方 水素水コスパ比較 水素水Q&A 水素水の体験談・口コミ