水素が入っているもの、いないもの(含有水素の有無)

水素が入っているもの、いないもの(含有水素の有無)記事一覧

水素を身体に取り入れる方法は?

水素を身体に取り入れようと思ったとき、どのような方法があるのでしょうか。水素水として飲用する水素風呂に入って皮膚から取り込む水素発生化粧クリームを使い皮膚から取り込む水素注射液の注射、点滴をする水素ガスを吸引する現在のところ、このような方法があるようです。一番、容易な方法としては、コストも廉価な水素...

≫続きを読む

 

水素水の仰々しい名前に惑わされない

ウチの水素はほかの水素と違う先ほども述べましたが、しっかり覚えていただきたいのは、「水素は水素」であって、「私のところの水素はほかの水素とは違う」「うちの水素水は水素がぬけにくい」ということはありえないということです。他の製品との違いを強調したいのはわかりますが、ウンはいけません。(ただし、専門的な...

≫続きを読む

 

ペットボトルの水素水って水素入ってる?

水素は宇宙で一番小さな分子ですから、アルミニウム以外はすべて通り抜けてしまいます。ペットボトルは飲料の容器としては便利ですが、たとえ出荷時に水素が入っていたとしても、消費者の手元に渡るまでには通過して、基本的には全部抜け出てしまうからです。大手の化学メーカーでは、水素が抜けないペットボトルを開発中だ...

≫続きを読む

 

水素水の濃度が0.8ppm以上が目安

 水素水がたくさん販売されるようになり、価格も買いやすくなってきたというのは喜ばしいことですが、まがい物にも気をつけなくてはいけません。 水素がきちんと入っているか、含有量を確認するというお話がありましたが、それでは、どのくらい水素が含まれていればよいのでしょうか。 水素水を飲む上で、どれくらいの濃...

≫続きを読む

 

水素水の各保存容器のメリット・デメリット

水素水を保存する容器は大きく分けて以下の3つの種類がありますペットボトルアルミボトルアルミパウチそれぞれの容器にはメリット・デメリットがあります【関連記事】教授の研究水素水は効果なし!ニセ科学!詐欺と言われる理由・3つペットボトルの場合ペットボトルのメリットは、飲料の容器として便利ですが、デメリット...

≫続きを読む

 

水素が抜けにくいのはアルミ製の容器です

水素水はアルミニウム容器のものを選ぶ、ということはもうご存知かと思います。水素が抜けにくいのは、アルミニウムの容器ですよね。では、アルミニウムの容器でも、ボトルタイプとパウチタイプがありますが、より好ましいのは、パウチタイプだとご存知でしょうか。【関連記事】水素水の各保存容器のメリット・デメリットパ...

≫続きを読む

 

水素水の見極めが必要

水素水が認知度が上がり、販売メーカーも増え、手に入りやすくなってきたのは嬉しい事なのですが、水素が入っていなかったりまがい物的な水素水を扱う業者もいると聞きます。自分の目で、本物の水素水を見極められるようにしたいものです。お水の話になると「還元水」という言葉を良く耳にしますが、わかりにくい言葉ではな...

≫続きを読む

 

 
水素水は効果なし? 太田教授の水素水の選び方 水素水コスパ比較 水素水Q&A 水素水の体験談・口コミ