水素が別格な抗酸化物質な理由

水素が別格な抗酸化物質な理由

別格な抗酸化物質

抗酸化物質は水素だけでなく、野菜の中などにも色々あることが知られています。

良く知られている、活性酸素を除去できる抗酸化物質は、ビタミンC、ビタミンE、カテキン、リコピン、コエンザイムQ10 などなどですね。
数ある抗酸化物質の中でも、水素が特に優れているのは、悪玉ヒドロキシルラジカルだけを除去できるからなのです。

 

そして、水素が他の抗酸化物質と差別化される理由がまだあります。
それぞれの抗酸化物質は、特定の場所でしか作用できないのです。それは、人間の細胞の構造に秘密があります。
細胞には、細胞を覆う膜があり、その中に細胞質があります。更にその細胞質の中には、核があり、これも膜で覆われています。
このような構成でできているため、抗酸化物質がどこまで入っていけるかということで作用が変わるのです。

 

細胞膜は脂でできているため、水溶性のビタミンCは突き抜けることができません。一方、細胞質は水溶性のため、水に溶けないビタミンEやコエンザイムQЮは作用できません。

 

脳に関しては、必要なもの以外は排除して脳を護る血液脳関門という機能があるため、ほとんどのビタミンや高分子の物質は入ることができません。

 

しかしそんな中でも、なんと水素だけは細胞内のどこにでも入っていくことができるのです。水素は気体の分子だからです。水素分子は水でも脂でも、どこでも入り込むことができます。更にすばらしいことに、身体に有害な活性酸素だけを「選択的に」還元できるのです。


 
水素水は効果なし? 太田教授の水素水の選び方 水素水コスパ比較 水素水Q&A 水素水の体験談・口コミ