認知された活性酸素と老化や病気の関係

認知された活性酸素と老化や病気の関係

認知された活性酸素

現在では、老化や病気の原因に活性酸素が関係しているということは、当然のように語られていますが、それまでには研究者達の多くの議論と苦労がありました。

 

細胞が活性酸素によって酸化されて傷つくと、老化や病気の原因になるということは、だんだん理解されるようになってはいたのですが、認めない研究者もいました。
当初、認知度は低く、目に見えるものではない活性酸素に病気の原因があると理解を得るまでには、大変な苦労があったのです。

 

脳梗塞、肝臓の臓器移植、心筋梗塞など、病気それぞれの論文が一つ一つ発表されました。
この論文を最初に主張したのはアメリカの研究者。彼らの研究で、活性酸素が体内に次のような影響を与えることがわかりました。

 

  1. 遺伝子(DNA)を形成する核酸を酸化させて変質させ、がん細胞などを発生させる
  2. 細胞膜に含まれる不飽和脂肪酸を酸化させて、過酸化脂質を作り、細胞や組織を破壊する
  3. 老化色素と言われるリボフスチンを作り、細胞の動きを止める

 

結果、今では、ガンをはじめ肥満や糖尿病、認知症まど様々な病気の共通する原因の一つとして知られています。
便秘や肌荒れも活性酸素が原因の一つとわかっています。

 

この共通の原因が酸化することなのです。酸化することを「身体がサビる」と表現したりしています。
鉄がサビるように身体の中がサビる様子を想像するだけでも恐ろしいですよね。

 

活性酸素の認知度があがったことによって、活性酸素の除去の研究もすすんでいきました。
水素の効果も論文にされていき、水素への注目も集めていきました。研究が進むことによって、新たな発見も大変期待されています。

 

活性酸素って何?

そもそも、活性酸素って何?わかりにくいですよね

 

活性酸素のわかりやすい動画がありましたので、紹介します
昔、フジテレビ あるある大事典で放送された活性酸素の紹介です

 

NHKのためしてガッテンでも、活性酸素のわかりやすい放送がありました。

 


 
水素水は効果なし? 太田教授の水素水の選び方 水素水コスパ比較 水素水Q&A 水素水の体験談・口コミ