太田教授の書籍に記載されてある「水素水の選び方のコツ」から選ぶ水素水比較ランキング

太田教授の書籍に記載されてある内容から選ぶ水素水比較ランキング

太田教授が、ご自身の書籍に記載した「水素水の選び方のコツ」を踏まえ、どの水素水が一番効果を得やすく、コストパフォーマンスに優れ、おいしくい水素水なのか?
太田教授の書籍から探っていきたいと思います。

 

太田教授の書籍から学んだ3つのポイント!

水素水の選び方として、太田教授の書籍から選び方のポイントをお話したいと思います

 

1、本当に水素が入っていること

 

2、水素濃度が高いこと

 

3、おいしいこと

 

太田教授の書籍 「水素水とサビない身体」では、上記の3つのポイントで選ぶことがオススメとされました。
実際に書籍では、商品名は記載されていませんので、上記の3ポイントを元に、水素水の選び方のポイントを詳しくお話します。

 

太田教授 水素水とサビない体

 

 

 

 

参考文献
太田成男(2013)『水素水とサビない身体』小学館.

 

本当に水素が入っていること

 

太田教授は書籍で以下のようにおっしゃっています。

 

まず、最初に言っておきたいのは、正しい水素水とは、ちゃんと水素が含有されているもの、であるということです。

 

水素が入っているか否か。これ以外に選択基準はありません。

 

水素は水素です。当然のことながら、そこに差異はなく、入っている濃度の差しかありません。

 

水素が入っている商品を選んでください。これが研究者である私が唯一できるアドバイスです。

 

太田教授 水素水とサビない体

 

 

 

 

参考文献
太田成男(2013)『水素水とサビない身体』小学館.

 

水素がきちんと含有されているか?どうか?については、水素は無味無臭、しかも目に見えないので、本当に水素が含有しているか?どうか?がわかりません。
市販されている水素水には、水素がまったく含有されておらず、ただの水を販売している水素水メーカーもあります。

 

水素濃度が高いこと

 

太田教授は、水素水の水素濃度について、書籍で以下のようにおっしゃっています。

 

水素水にどれぐらいの水素が含まれていればいいかというと、0.8ppm以上というのがひとつの目安になると思います。

 

もちろん、0.2ppmで効果を実感できるという人もいるでしょう。個人の体質によって、体感はさまざまだからです。ただ、やはり、濃度は濃い方がよく効く、というのがふつうです

 

太田教授 水素水とサビない体

 

 

 

 

参考文献
太田成男(2013)『水素水とサビない身体』小学館.

 

最近は、水素濃度の濃い水素水がたくさん販売されるようになりましたが、それでもまだ水素水が含まれていない、「ほとんどただの水」で水素水を販売しているメーカーもあります。

 

以前、週刊文春と、太田教授が、市販の水素水には水素が含まれているか?どうか?週刊誌上で測定した事があります。下記の画像がその時の記事です。

 

太田教授 水素水とサビない体

 

水素水という名前でメーカーは販売していますが、太田教授の測定の結果を見ると、全く水素を検出できない「0ppm」の水素水がありました。
水素水は容器から抜け安い性質なので、既に抜けきってしまい「ただの水」になったものだと思われます。

 

しかし、測定結果を見ると、一番水素濃度が高かった商品は5.79ppmという、高濃度の「水素水5.0」という商品があります。
この商品は水素発生剤を入れ24時間経過すると、水素水の濃度は7.0ppmだったことから、この商品は現在名前が「水素水7.0」に変更れています。

 

この商品は、自宅でペットボトルに自分の好きなミネラルウォーターを入れ、水素発生剤を入れて水素水を生成させるタイプです。
水素濃度は5.0ppm~7.0ppmと、大変高濃度の水素水が生成されるタイプで現在人気があります。

 

現在、市販されている中で、最高の高濃度水素水を生成できるタイプは、このペットボトルタイプで生成させるタイプになります。
このペットボトルから水素水を生成できる商品は2種類あります。
ひとつは、上記にも記載した「水素水7.0」。もうひとつは「セブンウォーター」というものです。

 

「水素水7.0」も「セブンウォーター」も、水素水の濃度は7.0ppmを謳っている商品になりますが、コストパフォーマンス・簡易生成的比較すると、「セブンウォーター」の方が優れています。
【参考記事】水素水コストパフォーマンス比較
【参考記事】水素水 溶存水素濃度比較

 

さらに、「水素水7.0」も「セブンウォーター」の水素発生剤は、両方ともに「MiZ株式会社」が製造しています。

 

私は依然、ほかの水素水メーカーの水素水を飲んでいましたが、効果を感じることができませんでしたが、この「セブンウォーター」の高濃度水素水で効果を感じることができました。
太田教授が書籍で『濃度は濃い方がよく効く!』とおっしゃっていますように、水素濃度は高い方が効果を感じやすいと思います。
【参考記事】水素水 溶存水素濃度比較

 

おいしいこと

太田教授は、人気のあるオススメの水素水について、書籍で以下のようにおっしゃっています。

 

おいしい水の水素水が売れている

 

水素水を製造販売する会社はいくつもあり、着実に売上をあげてきた会社もあれば、途中で倒産した会社もあります。水素水については、薬事法の制限があって、効果効能を謳うことはできません。

 

法律を無視して、一時的に売り上げが上がればいいと考える会社もなかったとはいえませんが、薬事法を守りながら、水素水を飲んだ人の体験を伝えながら着実に地道に、水素水を売ってきた会社がいくつもあります。

 

~省略~

 

全部をあげることができませんが、いくつか例をあげておきます。

 

●栃木県の日光鹿沼水系
●山口県の寂地川源流の錦川水系
●大分県の湯布院鹿鳴越山水系
●熊本県の菊池市の水素
●鹿児島県屋久島の縄文水系

 

太田教授 水素水とサビない体

 

 

 

 

参考文献
太田成男(2013)『水素水とサビない身体』小学館.

 

太田教授はご自身の書籍で、オススメの水素水のヒントを記載しています。
調べたところ、主に日本名水100選に選ばれている水になります。

 

コストパフォーマンス

 

私は、太田教授の3つのポイントを踏まえ、一番効果を得やすく、安く、おいしく、長く続けられるためには、どの商品が一番良いのか比較しました。
【参考記事】水素水コストパフォーマンス比較

 

500ml換算で一番安い水素水は、「水素たっぷりのおいしい水」「浸みわたる水素水」となりますが、この商品の水素濃度は1.2ppm、1.6ppmになります。

 

また、「水素たっぷりのおいしい水」は現在500円でお試し販売なので、あくまでも初めての方に限った値段ですし、今後も継続的にこのお試し販売を続ける可能性は低いです。
太田教授が書籍で『濃度は濃い方がよく効く!』とおっしゃっていますように「セブンウォーター」は、500ml換算で187円になります。
一位ではありませんが、お試し販売の、「水素たっぷりのおいしい水」を除外した場合、3位!になります。

 

同じように、水素濃度比較でみますと、「セブンウォーター」が一番になります。
【参考記事】水素水 溶存水素濃度比較

 

いろいろな水素水を飲んだ私の感想

 

確かに私は以前は水素水の効果を体感できない時期もありましたが、高濃度のセブンウォーターに変えたことで効果を体感できました。

 

しかし、このセブンウォーターが、あなたにも一番効くのか?ということは、私も科学者ではないのではっきり断言できません。

 

しかし、私は太田教授の言っていること、私が効果を体感したこと、水素が活性酸素を除去するメカニズムなど総合的に判断すると、セブンウォーターが一番最適と思いましたので、私がいつも飲んでいる水素水は、セブンウォーターを飲み続けています!

 

教授の書籍から選ぶおすすめの水素水はコレ!

太田教授が、ご自身の書籍でおしえてくれた3つのポイントを踏まえ、おすすめしている水素水はコノ水素水になります。

 

セブンウォーター(7Water quasia)

セブンウォーター(7Water quasia)

セブンウォーター(7Water quasia)は、袋詰めされている水素発生剤を、水を入れたペットボトルに入れるだけで水素水を作ることができます。

 

数ある販売されている水素水の中で、NO1の水素濃度の7.0ppmの水素水を作ることができます。
デメリットといえば、水素濃度5.0ppmの水素水を作るには、生成剤を投入後12時間。7.0ppmの高濃度水素水を作るには24時間が必要になります。ただし、市販されている水素水生成タイプの中では作り方は一番簡単です

 

しかし、その分、市販されている水素水の中でトップの水素濃度7.0ppmの水素水を作ることができますし、コストパフォーマンスも一番安く購入することができます。生活スタイルの中で作り置きが可能な方には大変オススメです。管理人の私は毎日お風呂上りに飲んでいるので、作り置きしたものを飲んだら、明日の分の水素水を作るために生成剤を投入し冷蔵庫に入れるという生活スタイルです。

 

【水素濃度NO1!】【コスパNO1!】【簡単生成NO1】のセブンウォーター(7Water quasia)が一番オススメです。

 

価格 容量

コストパフォーマンス
500ml換算

5600円 500ml 187円
最高水素濃度 生成時間 評価
7.0ppm

12時間後:5.0ppm
24時間後:7.0ppm

>セブンウォーター(7Water quasia)

水素たっぷりのおいしい水

水素たっぷりのおいしい水

水素たっぷりのおいしい水は、工場で製造時したときの水素濃度ではなく、自分の手元に届く直前の時の水素濃度にこだわって作っています。

 

原水は、日本名水百選にも選ばれた山口県錦川の天然水をつかっているので、大変おいしかったです。
また、容器はアルミパウチ式で水素が抜けにくいスーパー4層構造のアルミパウチで水素が抜けにくい構造になっています。
水素濃度は、通常の気温や気圧の元で、最大1.6ppmが飽和状態なのですが、独自に開発した特殊技術の「スーパーマイクロナノバブル製法」で、その限界濃度まで溶け込ますことに成功しています。
このいった小さな工夫が他の市販されている水素水にはない、自分の手元に届く直前の時の水素濃度にこだわっていると思います。

 

また、このメロディアンというメーカーは非常に有名で、コンビニなどで市販されているの「黒酢で元気」や「すっぴんレモン」「甘酒」などを作っているる飲料メーカーなので信頼がありますね。

 

以前、市販の水素水の濃度を特集として掲載されていた週刊誌でも、水素研究の有名な太田教授によって、手元に届いた水素水の水素濃度を測定したこと話題になりましたが、このメロディアンの「水素たっぷりのおいしい水」もしっかりと水素が確認され、商品に偽りはありません。

価格 容量

コストパフォーマンス
500ml換算

今だけお試しセットが

500円

500ml 119円
充填時水素濃度 還元電位 評価
1.2ppm -300mv~-650mv

水素たっぷりのおいしい水

浸みわたる水素水

浸みわたる水素水

この水素水は、他の水素水と違い、話題の美容ミネラル「シリカ」が含まれている水素水です。
そのため、体内の吸収が良く、実感が早いことが特徴で、水素充填時の水素濃度は2.2~2.8ppm、お届け時には1.6ppmの高濃度水素水です。

 

原水は、日本名水の熊本県菊池の天然水を使用しているので、とてものみやすくおいしかったです。

 

また、浸みわたる水素水のメリットは、長期保存することが最大のメリットで、製造から未開封の状態で、約8週間(約2ヵ月)経過しても、若干数値は下がりますが、水素濃度(26℃環境下での100%飽和量は1.55ppm)で、飽和に近い数値で長期保存が可能の水素水です。(1.63ppmという水素の過飽和状態)
そして、浸みわたる水素水を定期購入した場合は、熊本県菊池の特産品(肉やスイーツや米)等のプレゼントがある、非常にオトクな仕組みがあります。
もちろん製造工場もISO9001認定取得工場で製造されているので安心です。

価格 容量

コストパフォーマンス
500ml換算

1980円 500ml 165円
充填時水素濃度 還元電位 評価
1.6ppm 非公開

浸みわたる水素水

水素水サラスバ(SARASVA)

水素水サラスバ(SARASVA)

水素水サラスパは、工場から直送され、製造後10日以内に届けられるので、新鮮な水素水が飲めます。

 

水素水サラスパの溶存水素量は、充填飽和量1.6ppmで、製造直後から賞味期限の4か月でも、水素濃度が1.2ppm~0.8ppmと長期間でも保存できますし、酸化還元電位は-400mV~-600mVと、強い還元力で、体を守ってくれる水素水です。

 

原水は熊本県の阿蘇山周辺から汲み取れる天然水で、2013年には「生命の水」最優秀賞を受賞し、大変のみやすくおいしかったです。
さらに、

 

価格 容量

コストパフォーマンス
500ml換算

1980円 500ml 198円
充填時水素濃度 還元電位 評価
1.2ppm~1.6ppm -400mv~-600mv

水素水サラスバ(SARASVA)


 
水素水は効果なし? 太田教授の水素水の選び方 水素水コスパ比較 水素水Q&A 水素水の体験談・口コミ