温かい水素水を飲みましょう

温かい水素水を飲みましょう

温かい水素水

冷たく冷やした水素水と温めた水素水では、温めた水素水がお勧めです。

 

水素水は水の温度で溶け込んでいる水素濃度に違いがあります。
温度が低くい方が多くの水素が水に溶けるという特徴があります。
また、圧力が高い方が良く溶ける特徴もあります。

 

例えば、80度と20度のお水では、水素が溶ける量は高い方が半分ほどになるということです。

 

パウチ容器で市販されている水素水の溶存濃度はだいたい0.7ppm~1.2ppmです。
0.8ppmほどの水素水なら溶ける水素の量はあまり変わらないそうです。
温めても空気に拡散されて水素が抜ける心配もないということです。
それならば、冷たい水は身体を冷やし良くないので温めて飲むのも良さそうだということです。

 

アルミパウチ容器のまま湯煎で温めることができます。
特に高齢者や寒い冬はホットで飲んだ方が飲みやすそうですね。


 
水素水は効果なし? 太田教授の水素水の選び方 水素水コスパ比較 水素水Q&A 水素水の体験談・口コミ