放射線と悪玉活性酸素の害

放射線と悪玉活性酸素の害

悪玉活性酸素

放射線が人体に影響を与えることはよく知られています。

 

放射線で被ばくしたらガンになる、なんて心配する方も多いのではないでしょうか。それは、放射線が遺伝子を傷つけることがよく知られているからかもしれません。

 

実は、この放射線の害の80%は悪玉活性酸素ヒドロキンルラジカルによる害だということです。つまり放射線の害の大部分は、悪玉活性酸素の害といえると、放射線の教科書に書いてあると言うのです。

 

放射線が体にあたると、大部分が水でできているので水にぶつかります。
水と放射線が衝突すると、ヒドロキシルラジカルが直接発生し、そのヒドロキシルラジカルが遺伝子を傷つけることになります。

 

水素がヒドロキシルラジカルを消すことによって、驚きですが放射線の悪影響も消すことが可能になると言うのです。水素はなんとすばらしいことができるのでしょうか。

 

宇宙では宇宙線という放射線が飛び交っています。
そのため宇宙飛行士が宇宙で受ける放射線の害、つまり悪玉活性酸素の害を避けることはできません。
この水素水の効果を活用できないかと、NASA (アメリカ航空宇宙局)も研究をしているということです。

 

活性酸素の害も多くなるような現代社会ですが、善玉活性酸素の必要な役割もあるため、慎重に研究が進められているということです。


 
水素水は効果なし? 太田教授の水素水の選び方 水素水コスパ比較 水素水Q&A 水素水の体験談・口コミ