活性酸素は肌のハリもなくす

活性酸素は肌のハリもなくす

肌のハリ

お肌の美容で気になるものに、シミ以外にもシワ、ハリがあります。

 

紫外線によってつくられた一重項酸素は、メラニン細胞を刺激してシミの原因になるということでしたが、皮膚の細胞を構成する線維芽細胞を弱めたり、殺したりもしてしまいます。

 

線維芽細胞は、皮膚の張りを保つ、 コラーダンをつくる細胞なので、コラーゲンがつくられなければ皮膚の張りが弱くなって、シワの原因になるということです。

 

コラーゲンは丈夫なものをつくるにはビタミンCが必要です。
抗酸化物質のビタミンCですが、カラダの中の活性酸素を除去しようと使われてしまうとコラーゲンを丈夫にするまで足りなくなってしまうというのです。

 

良い状態のお肌に必要な成分としては、水分を維持するヒアルロン酸です。ヒアルロン酸はいくら外から縫っても中に浸透していきません。皮膚の細胞で一生懸命作り出されているものなのです。
ですから、皮膚の細胞がよわったり減ったりしてしまっていれば、生産が追い付かず水分を保持することができなくなってしまうのです。

 

皮膚の健康と美容にも活性酸素が深くかかわっているということです。水素の特徴が、皮膚からでも内部に浸み込むことから、この性質を生かして、水素水を外部から皮膚につけることで有効に効果を活用できると考えられています。

 

水素で女性達が美しくなれるなんて意外なことですが、すばらしいことではないでしょうか。


 
水素水は効果なし? 太田教授の水素水の選び方 水素水コスパ比較 水素水Q&A 水素水の体験談・口コミ