美容の大敵は、皮膚における活性酸素

美容の大敵は、皮膚における活性酸素

皮膚における活性酸素

活性酸素が発生するのはミトコンドリア、免疫細胞ということですが、大きな発生源がもう一つありました。それは、皮膚です。

 

どのような時に皮膚から活性酸素が発生するかというと、皮膚が紫外線を浴びたときなのです。
普通の酸素は一重項酸素という強力な活性酸素に変貌してしまうそうです。この一重項酸素の酸化力はヒドロキシルラジカルの次に強力だといいます。シミの原因となるメラニンを作る細胞「メラニン細胞」を刺激します。美容の大敵が紫外線だといわれる所以ですね。

 

メラニンには紫外線から身体を護ってくれる大切な役目があります。紫外線をあびると紫外線を防ぐためにメラニンをつくって体を護る仕組みです。

 

メラニンを作る細胞が一か所でも増えすぎると美容の大敵のシミになってしまい、健康的な日焼けとなりません。

 

細胞内でメラニンをつくるには善玉活性酸素の作用が必要しています。メラニン細胞では、せっせと活性酸素をつくり出してはメラニンを増やし続けるのです。

 

水素は活性酸素の害をへらせることはわかっています。皮膚の上でもその効果が期待されています。美容の大敵、シミへの対策として水素が活用できるよう研究が進められています。

 

 

活性酸素の働き

 

水素水 アトピーに効果なし?


 
水素水は効果なし? 太田教授の水素水の選び方 水素水コスパ比較 水素水Q&A 水素水の体験談・口コミ