歯周病からも多くの活性酸素が生まれる

歯周病からも多くの活性酸素が発生!水素水は効果なし?

歯周病

長寿の方は入れ歯などではなく、自身の歯が多く残っているという話を聞いたことがあります。

 

やっぱり歯と歯茎の健康は大事なんだと思ったことがありますが、活性酵素の発生も関係していたという話がありました。

 

活性酸素はミトコンドリアが発生させるということでしたが、最大の発生の源であり、他にも活性酸素を発生させるところはあるということです。

 

活性酸素には免疫作用において大切な役割があります。ケガをして傷口から侵入してきた細菌やウイルスなどの外的を察知して攻撃をし私たちの身体を護ります。外敵に対して反応すると外敵に勝つために全力で攻撃をします。
炎症性ホルモンによって外敵があることを全身にしらせる警報をはっすることができるのです。
この時に過剰反応によって必要以上に活性酸素がつくりだされてしまうのです。
たくさん作り出された活性酸素の一部が悪玉活性酸素のヒドロキンルラジカルに変わってしまうのです。

 

ヒドロキンルラジカルは、外敵を攻撃するよりも自分自身の細胞を攻撃してしまいます。自身を傷つけるので炎症が起こり、熱をもったり腫れたり痛みがでてしまうのです。

 

例えば、歯周病になって炎症を起こしてしまっていた場合、炎症性ホルモンが分泌され、全身の免疫細胞から活性酸素が発生されます。全身の活性酸素量が増加してしまいます。
悪玉活性酸素が増えてしまうことはおわかりでしょうか。
歯磨きは大事だと子供のころから言われているかと思いますが、歯磨きを良くしている人とあまりしない人では健康状態が変わってくるということです。

 

悪玉活性酸素を増やさないためにも歯と歯茎の健康もとても大事なことですね。全身の健康に大いに関係があるのですから。

 

 

日経産業新聞にて、水素水に歯周病の予防効果があることが研究結果で掲載されました

岡山大学の森田教授によって、水素を溶かした水素水を飲み続けると、歯周病をい予防することと突き止めました。

 

 

NASAでも水素水の研究

 


 
水素水は効果なし? 太田教授の水素水の選び方 水素水コスパ比較 水素水Q&A 水素水の体験談・口コミ