活性酸素を発生させる最大の要因はストレス

活性酸素を発生させる最大の要因はストレス

最大の要因はストレス

ストレスが原因でガンになったとか、脳こうそくになったとか、よく聞くことがあります。

 

ストレスとは命に関わる病気の原因になるほど人体に影響するものです。
ストレスがなくなればいのですが、現代はストレス社会と言われるほど、全くストレスを感じないという方はいないのではないでしょうか。

 

人は心理的、肉体的に不快な状態が持続すると、、副腎皮質というところからコルチゾールというストレスホルモンが分泌されます。

 

ストレスホルモンが分泌されると、血管が収縮して血圧が上昇し、同時に血糖値も上昇してしまいます。
血圧と血糖値の上昇は、 エネルギー源となる酸素と糖分が急激に全身に供給される状態です。 
ストレスホルモンの作用によって、血圧が高くなると一時的に血流は速くなり、血管が収縮するので、すぐに酸素不足になってしまいます。

 

私たちのカラダはストレスがあるとその状態を打開しようとします。ストレスが長く続くとその緊張をほぐそうとするのです。酸素不足の状況と打開しようと酸素が豊富にある状態へと急激に変化をしようとするのです。それが活性酸素が発生しやすい状態なのです。

 

活性酸素は病気の原因というお話は以前にもでてきていますが、ストレスが活性酸素を発生させる原因となり、活性酸素が病気の原因となっています。

 

しかも、ストレスは活性酸素を発生させるだけでなく、免疫機能も低下さてしまうということです。
ストレスが様々な病気の引き金になっているといっても納得がいきますよね。

 

水素が活性酸素を除去できるのですから、病気への効果を期待して医療の現場で活用される研究がされていることも当然のように感じます。


 
水素水は効果なし? 太田教授の水素水の選び方 水素水コスパ比較 水素水Q&A 水素水の体験談・口コミ