心と活性酸素の関係

心と活性酸素の関係

心と活性酸素

活性酸素が生きている限り発生しているということですが、悪玉活性酸素が多く発生してしまうのはどんな時なのでしょうか。

活性酸素が生まれるところを検証する実験の結果がありました。

 

以下のようなときに発生しているというのです。

 

  • 活性酸素が生じるのは、ストレスが多いとき
  • 活性酸素が生じるのは、エネルギーが急に少なくなったとき
  • 活性酸素が生じるのは、急に酸素が入ってきたとき
  • 活性酸素が生じるのは、早食いのとき

 

急な変化があると活性酸素が発生するというお話がありましたので、なるほどという感じです。

 

ストレスが多いときとは、やはりイライラしたり心に余裕がないのは良くないのでしょう。
エネルギーが急に少なくなったときとは、疲れて疲労をためるのは良くないというのでしょう。

 

急に酸素が入ってきたときというのは、少しわかりにくいですよね。
酸素が不足しているときよりも、酸素が多く入り込んだときのほうが危険な状態ということです。
意外が感じですが、手術の場面で脳こうそくや臓器移植など血流を止めて再開するなどの場合にもろくなった血管を活性酸素によって破裂させてしまうような危険な状態があるそうです。

 

早食いの時とありますが、これはゆっくり食事をすることを心がけて防ぐことができそうですよね。
できれば、発生する活性酸素をおさえられたらと思います。


 
水素水は効果なし? 太田教授の水素水の選び方 水素水コスパ比較 水素水Q&A 水素水の体験談・口コミ