良い活性酸素と悪い活性酸素の違い

良い活性酸素と悪い活性酸素の違い

良い活性酸素と悪い活性酸素

活性酸素のお話しが色々ありましたが、「活性酸素」はいくつかの物質の総称として呼ばれています。

活性酸素には善玉活性酸素と悪玉活性酸素があるのです。
活性酸素は酸素が電子を吸収して生じて、さらに電子を吸収し酸化力が強く変化していくのです。

 

最初にできるのは「スーパーオキシドラジカル」。次に「過酸化水素」になり、そして最後に酸化力のとても強い「ヒドロキシルラジカル」になります。

 

最初にできた「スーパーオキシドラジカル」と最後にできた「ヒドロキシルラジカル」の酸化力を比べるとその差は100倍以上も違うというのです。
性質が全く違うものだということはお分かりになりますよね。それでも、「活性酸素」という総称でひとくくりになっているのも不思議な気がします。

 

 

前に、運動することによって活性酸素が発生すると今度は活性酸素を消す酵素が増えるという話がありました。
この役割を果たしているのは、微量のスーパーオキンドラジカルや過酸化水素です。

 

この活性酸素をなくしてしまうと、ミトコンドリアの質を向上させる機能がなくなってしまうそうです。
このように活性酸素の中には良い役割を持っているものと、悪い影響をしてしまうものがあることがわかったのです。

 

良い役割では、血管の拡張や神経機能や、血管、精子をつくるためにも役割を果たしています。
これらの働きをする活性酸素は必要なものとして「善玉活性酸素」と名付けられています。
また、反対に必要な働きではなく、遺伝子、タンパク質、脂質を酸化して破壊する活性酸素は「悪玉活性酸素」と名付けられました。「ヒドロキシルラジカル」のことですね。

 

ということで、「善玉活性酸素」と「悪玉活性酸素」があることが研究が進みわかりましたが、当初は全て活性酸素は悪いと考えられていたそうです。

 

活性酸素のことがよくわかってくると、悪玉のヒドロキシルラジカルとベルオキシナイトライトだけを選択的に消去する抗酸化物質はないのかという研究が行われるようになっていったのです。そこから水素水の研究につながっていたということです。


 
水素水は効果なし? 太田教授の水素水の選び方 水素水コスパ比較 水素水Q&A 水素水の体験談・口コミ