「42歳」厄年は活性酸素の根拠

「42歳」厄年は活性酸素の根拠

活性酸素の根拠

厄年を気にする方、気にしない方はそれぞれだと思います。

昔から伝えられていることだから、なんてその意味合いはよくわからなくても、なんとなく体調の変化のある節目の年だから気を付けなさいよと戒めと受け止めている方も少なくはないのではないでしょうか。
確かに、体感して体調の変化を感じたりするのが、いわゆる「厄年」の考え方で40歳前後、男性の大厄は42歳といわれているころなので、もう若い時とは違うんだなと思う方もいらっしゃいますよね。

 

実はこの変化、科学的にも「42歳」が大きくあることが変わる年なのでとても注意が必要だとわかってきたのです。

 

その変化とは、活性酸素のお話しでミトコンドリアが生きるために必要なエネルギーを代謝するときに活性酸素が発生してしまうということでしたが、そこには電圧調整のような機能があり、運動によってその機能は増強される、というのですが、高齢になると増強できるというわけではなくなってくるというのです。

 

高齢者になるとその運動能力も個人差が大きくなるので一律には言えませんが、42歳くらいから年齢とともに活性酸素のレスポンスが弱くなってしまうということです。
若い時には、運動によって活性酸素が多く発生してしまっても、そのプラス面とマイナス面を比べてもプラス面が上回るのですが、年齢とともにマイナス面が上回ってしまうようになることがわかってきたのです。

 

化学的にみても42歳からは体調の変化があるので気を付けなさいよということなのです。


 
水素水は効果なし? 太田教授の水素水の選び方 水素水コスパ比較 水素水Q&A 水素水の体験談・口コミ