運動と活性酸素の関係

運動と活性酸素の関係

運動と活性酸素

健康のためには運動が必要だ、というのは常識のように思っていましたが、「運動は長生きのためにはよくない」という議論が活発になったことがありました。

 

ミトコンドリアでは酸素を使ってエネルギーをつくっていますが、同時に活性酸素も発生するので、エネルギーを作れば作るほど活性酸素も多く発生してしまいます。

 

運動すれば、激しい運動であればあるほどエネルギーをつくり出し ますから、活性酸素の発生が増えるのは事実です。
そして、運動しないで、じっとしていたほうが活性酸素の発生が少ないことも確かです。

 

ミトコンドリアが多くなれば、活性酸素を作るところも多くなるので、健康によくないと言われることもありました。

 

それならば、何もしないでなるべくじっとしていれば良いのではないかと思いますか。
しかし、生命はそんな単純ではありません。運動をよくしている人の方が健康で長寿であるという調査結果もありますし、運動嫌いで運動不足の方が不健康なことも実感されているのではないでしょうか。

 

なんと、悪いものができた場合、それに対応するシステムができてくるのです。
活性酸素ができると、みずからが悪い予兆であることを知らせて、その対処を自分自身で行うのです。
運動によって発生する活性酸素は、それに比べると、まだまだ少ない量なのです。
活性酸素の知らせによって、細胞内では活性酸素を消去する酵素が増やされますから、プラスの面が大きいといえます。

 

また、運動をするときでも、準備運動やクーリングダウンによって、活性酸素の発生を劇的に抑えることが可能だということです。
急激な変化が活性酸素を発生させることに関係しています。
身体の負担を考え、少しづつエネルギーを使い始め、少しづつ使わないようにするというゆるやかな変化を意識し、身体への注意をすることで活性酸素の害を抑えることができるのです。

 

また驚いたことに、運動をすることによって活性酸素は多く発生してしまうけれども、それを消すシステムも発達していくということです。
急激な活性酸素の発生にも身体が害を減らすよう反応するようになってくれるのです。


 
水素水は効果なし? 太田教授の水素水の選び方 水素水コスパ比較 水素水Q&A 水素水の体験談・口コミ