活性酸素が生じるメカニズムが見えた

活性酸素が生じるメカニズムが見えた

活性酸素が生じるメカニズム

体内で活性酸素が発生するメカニズムも研究されわかってきました。

 

ミトコンドリアでエネルギーを生み出す際に一緒に発生してしまうといいますが、それではなぜ、有害なものまで発生してしまうのでしょうか。

 

ミトコンドリアでは、電気エネルギーを利用してATP (アデノシン三リン酸)という物質を合成しています。
ATPからは決まった量のエネルギーが得られるうえ、体内で必要とされるあらゆるエネルギーと交換することができます。

 

しかし、この合成の際にミトコンドリアを包む膜の上で、ときどき電子がこぼれ落ちてしまうのです。ミトコンドリアにはとてつもない電圧がかかるので、これはしかたのないことです。
いつも同じように電圧がかかるわけではなく、またミトコンドリア上の電圧が高くなりすぎた状態です。
そして、 一瞬でも電圧が高くなりすぎた瞬間に、電子はこぼれ落ちてしまうのです。

 

ストレスの多い現代社会では負担がかかり電圧が高くなってしまのでしょう。
このこぼれ落ちた電子が、近くにある酸素と結びついてしまったもの、それが有害な活性酸素なのです。

 

ミトコンドリアは現代社会に適用できるようにつくられているわけではないのです。
そして、ミトコンドリアの質が低下した場合や、過度な負担がかかった場合、より多くの活性酸素ができてしまうのです。

 

活性酸素が発生するのは、急激な変化があり、無理にエネルギーをつくろうとするときなのです。


 
水素水は効果なし? 太田教授の水素水の選び方 水素水コスパ比較 水素水Q&A 水素水の体験談・口コミ